AGAは遺伝なのか

遺伝だけが原因ではない

AGAになってしまうと髪の毛がしっかりと成長する前に抜けることが多くなるため、徐々にボリュームダウンしてしまいます。そのため、親や兄弟、祖父などが薄毛の場合、いずれは自分も同じような状況になってしまうと想像する場合があります。
AGAを発症する原因として遺伝はありますが、全てをそこに結び付けてしまうのは適切ではないです。年齢を重ねれば誰もが衰えるため、十分なボリュームを誇っている場合でもいつかは髪の毛が薄くなります。
その時期が早い段階なのか、それとも時間が経ってからなのは誰にも予想することはできません。ただ、抜け毛が増加し、本数が減らない状態になった場合は兆候が出ているため、早めに対策する必要があります。

色々な原因で髪の毛が変化する

遺伝がAGAの全ての原因ではないですが、対策をしていなかったり、間違ったケアをしたりという場合は症状が改善するどころか進行し、取り戻すのが難しくなる場合があります。
そのため、抜け毛や細毛に気付いた時だけではなく、まだ何も異変が起こっていない状態からケアを実施しておくことによって、AGAで悩むことは少なくなるでしょう。たとえば、男性は女子よりも皮脂の分泌が盛んなため、頭皮の毛穴が脂で汚れやすいです。
毛穴の脂には頭皮の潤いを保つ役割がある一方で過剰になると毛穴に詰まってしまい、髪の毛の成長を邪魔することがあります。洗い過ぎると頭皮が乾燥しますが、毎日1回の洗髪を習慣にすれば、綺麗な毛穴の頭皮を維持できます。