AGAの原因となる酵素

ジヒドロテストステロンの発生を抑える

男性型脱毛症であるAGAは生え際や頭頂部の髪が薄くなり、放置しているとどんどん進行していきます。
かつては改善が難しいとされていましたが、現在では良い治療方法も登場し、多くの人がその悩みを解消しています。
AGAの原因はジヒドロテストステロンという男性ホルモンですが、これはテストステロンから作られています。
そして、テストステロンからジヒドロテストステロンを作るのが5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素です。それゆえ、AGAを進行させないためにはこの5αリダクターゼの働きを抑えることが大事です。
5αリダクターゼは1型と2型がありますが特に2型は影響が大きく出ますので、特に重点的に対策を行っていく必要があります。

医療機関に相談しよう

薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑えることができれば、進行は抑えられますが自宅での努力だけでは難しいものがあります。
より本格的にAGA対策を行うのであれば、やはり薄毛治療を行う医療機関への相談がおすすめです。
医療機関では5αリダクターゼの働きを抑える薬が処方されます。こちらは服用タイプで毎日一回飲むことで薄毛の進行を抑えることができます。
頭皮に直接塗布するタイプの薬と併用すればより高い効果が期待できます。
薬以外で5αリダクターゼを抑える成分としてはノコギリヤシ、亜鉛、イソフラボンなどもあげられます。薬の副作用が気になるという人はこうした成分を含む育毛サプリメントの活用も考えてみましょう。