AGA治療の基本は内服薬

AGAの原因を阻害する

AGA治療の方法にはいろいろありますが、治療院を訪れてAGAと診断された場合、内服薬による治療が始められることが多いです。内服薬には、AGAの原因を阻害する成分が配合されたものが用いられます。抜け毛や脱毛の原因は、単なる年齢によるものだけではありません。AGAは男性ホルモンが5α-リダクターゼという酵素によって、DHTという物質に変化するために起こることがわかっています。AGA治療の内服薬には、5α-リダクターゼの働きを阻害する成分が配合されているため、この成分の働きによって脱毛の原因となるDHTが作られなければ、抜け毛を防止できるというわけです。即効性があるものではありませんが、長期的に使用することで効果が得られます。

まずは病院で処方してもらう

AGA治療のための内服薬は、薬局やドラッグストアでは購入することができません。病院で処方してもらうか、または個人輸入によって商品を購入するかのどちらかになります。個人輸入代行サイトも多く手軽に商品を手に入れられる時代となっていますが、まずは病院でAGAの診断をしてもらい、薬を処方してもらうことがおすすめです。確率は少ないものの、内服薬によって副作用が起こるリスクもあるからです。例えば、性欲減退や勃起不全といった症状です。体調に違和感を感じたら服用を一旦やめることも必要ですが、服用をやめてしまうと効果が得られなくなります。効果を得るためにも、病院で薬を処方してもらって正しく服用し、異常を感じたら医師に相談して診断を仰ぐのが良い方法といえます。