思春期以降の男性において髪の前頭部や頭頂部が薄くなる脱毛症をAGA(男性型脱毛症)と呼びます。このAGAに悩まされている方は非常に多いですが、そもそもどうしてAGAが発症するのかや原因などについてはあまり知られていません。治療方法も含めAGAについて詳しく紹介します。

AGAの原因

髪の毛が薄くなっていくというのは必ず原因があるものです。AGAの原因は男性ホルモンなどと言われることもありますが、厳密に言うと男性ホルモンが原因ではありません。AGAの発症要因となっているものや原因について紹介します。

AGAの原因となる酵素

男性型脱毛症であるAGAは生え際や頭頂部の髪が薄くなり、放置しているとどんどん進行していきます。かつては改善が難しいとされていましたが、現在では良い治療方法も登場し、多くの人がその悩みを解消してい…

More Detail...

AGAは遺伝なのか

AGAになってしまうと髪の毛がしっかりと成長する前に抜けることが多くなるため、徐々にボリュームダウンしてしまいます。そのため、親や兄弟、祖父などが薄毛の場合、いずれは自分も同じような状況になってし…

More Detail...

AGAは治療と生活改善が必要です

男性の壮年性脱毛であるAGAは、飲み薬と塗り薬による治療・栄養バランスの取れた食事の摂取・夜更かしをしない事が大切なので、健康的な生活習慣で過ごすようにしましょう。

AGAは治療が可能

AGAはなぜ男性の薄毛なのか

AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、男性の薄毛のほとんどを占めています。進行性の薄毛なので、発症を確認してから放置するほど重症化していきます。生え際や前頭部・頭頂部などの特定の部位が薄くなりやすく、中年世代に突入すると急激に進行しやすいです。原因は男性ホルモンのテストステロンが影響しており、DHTに変異することで発生すると言われています。テストステロンは男らしさを引き出すホルモンで、体毛を濃くする役割があります。そう考えると頭髪も濃くなるように思えるでしょうが、頭髪を濃くするのは女性ホルモンの役割が強いです。5αリダクターゼという脱毛酵素が男性ホルモンをDHTに変換してしまうので、これを抑制することがAGA対策の基本になります。

AGAは治らないと言われたのは昔の話

昔はAGAを発症させると完治させる方法はなく、進行を食い止めるしかないと言われていました。女性の薄毛だと正しいヘアケアと規則正しい生活により解消できますが、AGAは簡単にはいきません。生活改善によりホルモンバランスを整えることは可能ですが、もともと女性と比べて男性は男性ホルモンの分泌が極端に多いのです。そのためAGA治療は極めて難しいと言われていましたが、近年はAGAに効果的な発毛剤・経口薬などが登場しており、進行を遅らせるだけでなく発毛させることが可能になりました。血行促進をさせる発毛剤、男性ホルモンの分泌を抑制する経口薬があり、この2つを併用するのが一般的な治療法です。発毛サロンでは薬物療法は受けられず、頭皮ケアとサプリの併用が主な対策となります。